余市の柿崎商店 海鮮工房で夏の味覚 ウニ丼を食す!

2020年6月15日食べる, 海鮮料理, 余市

余市町でウニ丼 を食べられる「柿崎商店 海鮮工房」 さん。

余市の駅からほど近い場所にある人気商店です。

柿崎商店
柿崎商店

柿崎商店の2階が海鮮工房

1階は商店で、2階部分が食堂です。

柿崎商店
柿崎商店

昼時には必ず混み合っている人気のお店です。

混んでいる時は、この階段にズラ~と行列ができます。
(平日であれば11時頃までに行くと 割と並ばずに食べられます。)

2階に上がります
2階に上がります

階段の下には、おすすめメニューがあります。

旬はやはり、余市産ウニ丼です。

オススメのメニュー
オススメのメニュー

海鮮工房の中へ

2階に上がると、入り口すぐにショーケースとレジがあります。
海鮮工房というだけあって、ウニ以外にも 様々な海鮮料理を頂けます。

先に注文してお会計を済ませ、食券をもらいます。

ショーケース
ショーケース
ショーケース
ショーケース

観光客にはウニ丼が人気ですが、地元の方には、焼き魚定食が人気です。
焼き魚もとっても美味しいです。

宗八

ウニ丼メニューについて

ウニ丼のメニューは、赤折丼・白折丼・赤塩水丼・白塩水丼の4種類です。

ウニ丼のメニューは4つあります。

  • 赤折丼・・・に入ったバフンウニ
  • 白折丼・・・に入ったムラサキウニ
  • 赤塩水丼・・・塩水に浸かったバフンウニ ⇐ おすすめ
  • 白塩水丼・・・塩水に浸かったムラサキウニ
ウニの種類
ウニの種類

甘味の濃い赤塩水丼(バフンウニ)が個人的におすすめです。

「折」というのはスーパーなどに売っている板の上に乗ったウニです。

価格は時価で、日ごとに違います。

参考までに、過去の価格です。

  • 2020年6月14日の価格。
    • 赤折丼:3,270円、白折丼:2,720円
    • 赤塩水丼:2,720円、白塩水丼:2,270円

  • 2019年7月12日の価格。
    • 赤折丼:4千円台、白折丼:表示なし
    • 赤塩水丼:2,960円、白塩水丼:表示なし
  • 2018年7月18日の価格。
    • 赤折丼:5,160円、白折丼:表示なし
    • 赤塩水丼:2,760円、白塩水丼:表示なし
  • 2017年7月23日:収穫数が少なく価格が上がっているようでした。
    • 赤折丼:4,810円、白折丼:2,210円
    • 赤塩水丼:4,910円、白塩水丼:2,460円
  • 2016年6月15日の価格。
    • 赤折丼:2,410円、白折丼:1,660円
    • 赤塩水丼:4,360円、白塩水丼:2,010円

いざ、おいしいウニ丼を実食!

食券の番号が呼ばれたら、店員さんがお料理を運んできてくれます。

お茶や水はセルフサービスです。

いざ ウニ丼 を頂きます♪
味噌汁と漬物がセットになっています。

赤カップ
赤塩水丼

あぁ、良い色ですね。

赤塩水丼

バフンウニ ならではの 濃厚なお味 でした。

バフンウニ
バフンウニ

店内の様子

柿崎商店 海鮮工房 は10時開店となっています。

店内の様子
店内の様子

この日は 10時ちょっと過ぎで10組位のお客さんが入っていました。

店内の様子
店内の様子

駐車場

店の横に駐車場があります。
駐車台数がとても少ないので、ほぼ停められません。

お店横の細い道路を少し進むと、第二駐車場があります。
ただし、こちらも満車の場合があり狭いです。

おすすめは徒歩5分圏内にある、町営駐車場

最初の30分は無料。
以後、1時間ごとに100円はかかりますが、駐車場も広く駐車がラクです。

町営駐車場
町営駐車場

余談 1階部分は商店

1階部分は、新鮮な魚を中心に珍味や野菜お酒 などが売っており地元の方や観光客で賑わっています。

柿崎商店
柿崎商店

パンやお菓子などもあるので、魚屋さんがメインのスーパーという感じです。

店内の様子
店内の様子
店内の様子
店内の様子
店内の様子
店内の様子

余市は、ニッカウィスキーや余市ワイナリー、フルーツ狩りなどもあり、食事以外も色々と楽しめます。

現ニトリ観光果樹園(旧山本観光果樹園)の記事もありますので、気になる方は参考にどうぞ。

赤ウニ丼(バフンウニ)
赤ウニ丼(バフンウニ)
店舗名柿崎商店 海鮮工房
住所北海道余市郡余市町黒川町7-25 柿崎商店 2F
電話番号0135-22-3354
食べログ柿崎商店 海鮮工房

2020年6月15日食べる, 海鮮料理, 余市