第63回 勝毎花火大会

2013年8月13日イベント, , 帯広市

北海道で人気のある花火大会のひとつ。
一度は見てみたいと思い、行ってみました「勝毎花火大会」!

主催はそのネーミングの通り「十勝毎日新聞社」で、
道東の十勝で行なわれる花火大会です。

Sponsored Link

2013年8月13日(火)19時30分、帯広市・十勝川河川敷で、
約20,000発の花火が打ち上げられます。

また、せっかく帯広まで行くのだから食や温泉も少し楽しみたい!
と思い行ってきました。

札幌から帯広へ

約18万人の人が訪れる花火大会なので、落ち着いて観賞するために、
場所取りが必要!

札幌からの参加でしたので、まず早めに帯広入り。

自家用車で8時に出発して11時には帯広に到着。

河川敷の周りは既に多くの人で混雑していました。
ですが、この時点ではまだ結構場所取りできる箇所がありました。

いざレジャーシートを持って河川敷へ行きましたが、
シートが飛ばないようにする重しや杭を持ってきておらず困ってしまいました。

軽い物を重しにしていた他のお宅は、急に吹いた突風でシートが飛ばされていました。
かろうじて重しになる石1個をゲットしましたが、それだけでは足りないのでペットボトルのお茶を購入して重し代わりにしました。

反省のひとつです。

駐車場

その後、駅前の観光と昼食を取るため、駅前の市営駐車場へ。
駐車場と駅前は車でごったがえしていました。

特設駐車場も用意されていますが、
どこに止めるにせよ早めに行くのが得策かと思います。

ちなみに、今回利用した駅前地下駐車場は丸一日止めても上限が1200円と決まっているので安心でした。

帯広と言えば「豚丼」

お昼ご飯に、帯広名物豚丼を食べようと思いましたがどこも行列。
1番人気の「ぱんちょう」はもちろん、駅内の「ぶたはげ」も長蛇の列。
お昼はそばになってしまいました。

ですが、会場に行く前にどうしても食べたかったので、「はげ天」で食べて行きました。
はげ天もずっと混んでいましたが、17時位に列が少し短くなっていたので、
チャンス!とばかりにGO!
タレが思ったより薄味でしたが、満足。

豚丼
豚丼

帯広駅前から会場へ

17時45分位に駅前から徒歩で会場へ。
歩いて行っても20分くらいなので、多くの方が同じ方向に向かって歩いています。

大会ギリギリに行ってしまうと、人が多すぎて自分のシートまでたどり着くのが大変。

そして、当日19時20分から大会終了までの間、
十勝大橋から西側の堤防上の一部エリア進入はできなくなってしまいます。

本当にすごい人でした。

会場の様子(18:08)
会場の様子(18:08)

花火大会開始!

19時30分~20時45分までで、5部制となっています。
素敵な曲をBGMが流れる中で、花火が上がります。

迫力満点で今まで見た花火大会の中で1番感動しました。

勝毎花火大会①
勝毎花火大会①
勝毎花火大会②
勝毎花火大会②
勝毎花火大会③
勝毎花火大会③

終了後・・・
みんな一斉に帰ろうとするので、足元には要注意。
そして、この日は宿が取れず、車中泊。
宿を取るには、かなり前からの予約が必要です。

車中泊

また、車中泊を考える人が思いの外多く、
寝床となる駐車スペースを探すのにはかなり苦労しました。

まず、近くの道の駅へ行きましたが、そんなに広い駐車場ではないので既に満車・・・。
市内を徘徊した後、カーナビで駐車場のある公園を発見。

そこも既に車でいっぱいでしたが、幸運な事に1台分だけ空きがあり、
そこで夜を明かしました。

翌日

朝はモール温泉に浸かってさっぱりした後、
駅前で開催されていた「おびひろ平原まつり」を見てきました。

また、帯広と言えば「六花亭」に行かなきゃ!という事で、
限定販売の「サクサクパイ」を食べてきました。

そんこんなで、名物豚丼を食べ、メインの花火を見て、モール温泉に入り、
お祭りを楽しみ、六花亭でスイーツを頂き・・・大変有意義な1泊2日となりました。

2013年8月13日イベント, , 帯広市